お歳暮を贈る時に考えるべきこと

これからお歳暮を贈る時にぜひ考えて欲しいのがいくら相手が欲しい物を貰って欲しいと思っても安易にカタログをお歳暮で贈るのはやめた方が良いというのがあります。

 

それはどうしてかというと、確かにお歳暮でこっちが良いと思って贈った品が相手に歓迎されない事はあります。ですが、だからと言って安易にカタログを贈っても意外と相手は喜んでいないからです。

 

その理由はいくつかありますが中でも一番の要因はカタログの品を選ぶにしても3,4000円程度で購入したカタログを贈っても大した品が載っていないからです。

 

また、3,4000円のカタログを贈っても実際に贈る事になる品物はそれよりも安い物を贈る事になってしまい思ったよりもしょぼい物を贈る事になってしまう事になるからです。

 

ですから、いくら相手がどういう物を贈ったら喜んでもらえるか分からなくても安易にお歳暮の品をカタログにしない事をおすすめします。

 

そうしないと上記のような事で意外と喜んでもらえない事も多いからです。

 

お歳暮の品物選びの方が迷う

ハッキリと言ってお歳暮の品物選びの方が迷ってしまうというものですよね。ちゃんと比べたことはないのですが、やはりお中元よりもお歳暮の方が選べる商品の点数が多い印象ですから。実際に私がよく利用しているデパートでは、お中元よりもお歳暮の方が商品点数が多いですからね。

 

お歳暮を贈る季節は冬期だということも影響しているのでしょうね。夏場は暑いということもあって、食が進まず贈るものにしても決まっているというものでしょう。たとえば、そうめんだとか飲み物だとか。

 

けれども冬場は食べるものにしても、贈られて嬉しい種類も豊富だというものです。それに一年の感謝の気持ちを表すという意味でも、お歳暮は用いられていますからね。ですからデパートにしてもお歳暮の方が気合いも入るというものでしょう。